Wednesday, March 07, 2018

JR三江線全線開通40周年記念列車江の川号~式敷駅での列車交換・乗降風景

JR三江線はかつて北線(江津-浜原)と南線(三次-口羽)に分かれていたのが昭和50年8月に浜原-口羽間が開通し全区間108,1kmでの営業運転が始まりました。2015年8月30日はその日から40周年となることから沿線、主に浜原で記念行事や記念列車「江の川号」が運転されました上記写真は一般公募で選ばれたヘッドマークということだそうです。
キハ126型の2両編成で40周年記念列車「江の川号」が入って
ました。山陰線ではアクアライナーに使われている型のようですね。
普通列車口羽行きが入ってきました。ここでスレ違いです。
江の川号三次に向け発車しました。
記念の幕がはホームに貼られていました。
式敷駅正面です
駅舎内です三江線の色んなポスターなど沢山貼られています。
通過時刻表
式敷駅の通常の駅名表示。
こちらは滝夜叉姫すてーしょんの神楽駅名表示。